クロユリハゼの休日

やま とり うた みる きく よむ うみ など

#184 日時計と〝太陽の道〟

二上山の雌岳山頂広場は奈良盆地側の展望がよい。二ヶ月半ぶりに登ってみたら、広場南側の樹木が剪定されて葛城・金剛の山並みも見通しよくなっていた。

この広場に大きな日時計がある。f:id:kuroyurihaze:20210612204925j:image

設置の謂れを書いた説明板があることに初めて気づいた。〝太陽の道〟に因んで、古代太陽信仰を思い起こすモニュメントとして日時計を設置したとある。

春分秋分の日、奈良の箸墓古墳から見て東の三輪山から日が登り、西の二上山鞍部に日が沈む。この北緯34度32分の線上に古代太陽信仰に纏わる神社や地名(日置、引野、比企、など)が並ぶことから〝太陽の道〟と呼ばれるようになった。箸墓は古代大和王権につながる纒向遺跡があり、農耕と関わってるのでは、という説らしい。

そういえば、この〝太陽の道〟説を熱く語っていた方を思い出した。

堺市日置荘にあるお寺のお坊さん。父が53歳で亡くなって、この寺のにわか檀家となった我が家にお坊さんが月参りに来られていた。(今は、跡を継いだ息子さんが年一回、お盆の時期だけ来られる。)お経の後は雑談タイムで、ある時、この〝太陽の道〟のことを教えてくれたのだ。日置(ひき)も引野(ひきの)も〝太陽の道〟線上の地名だということを。

この説、当時〝NHKスペシャル〟で紹介されたので、ちょっとしたブームになっていたのだ。

そんなかんなで、

〝太陽の道〟ブームのおかげで二上山雌岳山頂広場に、相当の費用をつぎ込んだ日時計モニュメントが誕生したのだった。

太陽の道ブーム遺跡として後世にのこるとしたら…。(なぜか、イースター島のモアイ像のことを想ってしまった。)

 

今日の二上山、ササユリが見頃に。山頂直下はまだつぼみ。f:id:kuroyurihaze:20210612214333j:image
f:id:kuroyurihaze:20210612214338j:image
f:id:kuroyurihaze:20210612214330j:image4月のぎっくり腰以来、腰痛はしぶとく続いている。リハビリ登山のつもりが、また悪化しそう…。腰は身体の要、まだまだ養生は続く…。

# 183 〝絵本が人と人をつなぐ場に〟

昨晩のニュース番組で、生前のエリック・カールさんの願いを伝えていた。

 

〝絵本が人と人をつなぐ場に〟

 

支援学校では、〝はらぺこあおむし〟をはじめとするエリック・カールの絵本はあちこちのクラスに置かれていた。僕が関わった子どもの一人に、エリック・カールの絵本だけを探し出す能力に長けた男の子がいた。彼はこの絵本作家の名前も知らないだろうし、文字を読むこともない。純粋に色彩や作風からエリック・カールの作品を察知して数ある絵本から見事に取り出していた。

彼はエリック・カールの絵が好きすぎて(?)、絵本のページを破ってしまうという〝癖〟があった。…なので、あちこちのクラスのエリック・カールの絵本がセロテープでつぎはぎだらけに…。(そもそも、エリック・カールの原画自体がコラージュなのだけれど。)

 

どうも彼は、エリック・カールの絵本を破ることで大人とのコミュニケーションをとっていた節があった。(バレるといつもニコニコしていたから…。)

 

それはさておき。

〝絵本が人と人をつなぐ場に〟


ある時、小学部の女の子とラックにあった絵本を一緒に読んだ。(エリック・カールではありません。)僕は初めて手にとる本。ページが進むにつれ、ゾウやカバなどの動物たちが積みあがっていく。すると、女の子が何か叫びながら僕の膝に何度も飛び込んできた。本を押さえ込むので次のページにいけない。
なんとかページをめくると、動物たちが崩れて水にバシャーンと飛び込むシーンだった。

彼女は、次の場面を期待してストーリーを楽しんでいたのだ。そして何度も〝バシャーン〟と一緒に言いながら楽しんだ。

 

支援学校ではいろんな絵本に出会った。子どもたちは、好きな絵本は何度もリクエストして何度でも楽しめる。それは一人で読むのではなく、大人と、あるいは友だちと、絵本のストーリーや場面を共有し、楽しむ時間を共有するからだったと思う。

そうした経験が、絵本のストーリーだけでなく、人生のストーリーを豊かにしていく。

子どもも大人も関係なく。

 

〝絵本が人と人をつなぐ場に〟

 

f:id:kuroyurihaze:20210528005826j:image

 

※〝はらぺこあおむし〟がアメリカで出版される時、引き受ける印刷業者がなかったそうだ。(なにせ、ページに虫喰いの穴を空けないといけない。)

初版本の印刷・製本は日本の会社が引き受けたという。

 

 

 

 

#182 〝ミューズが宿る〟

昨晩、NHKバーンスタイン指揮、ウィーン・フィルによるマーラー交響曲第5番(1972年演奏)の放送があった。ドイツで冷凍保存されていた35ミリフィルムをリマスターしたハイビジョン映像による放送だという。f:id:kuroyurihaze:20210517002858j:image

僕が30歳前後の頃から、クラシック音楽界ではマーラー・ブームが起こっていて、交響曲全曲録音や外来オケによるマーラーの実演が盛んになった。

ブームに乗って、僕もマーラー交響曲をCDや実演で熱心に聴いた時期だ。

実演では、インバル指揮フランクフルト放送響、ベルティーニ指揮ケルン放送響、若杉弘指揮ミュンヘン・フィル、小澤征爾指揮ボストン響など。中でもメータ指揮イスラエル・フィルのマーラー演奏は素晴らしく、その演奏には〝ミューズが宿る〟という言葉がしっくり。

 

マーラー交響曲第5番のCDの中では、バーンスタイン指揮ウィーン・フィル(1987年演奏)が愛聴盤で、その生命感溢れる濃厚な演奏の虜になっていた。

ところが、その愛聴盤がいつの頃からか所在不明になってしまった。

昨晩放映の演奏は、僕の愛聴盤より15年も前の収録で、同じバーンスタイン指揮ウィーン・フィルの演奏とはいえ濃厚さが少し薄めで印象は異なっていた。

…とはいえ、マーラー・ブーム火付け役のひとり、バーンスタインウィーン・フィルを振り始めた(おそらく)初期の頃の演奏記録は貴重で、見応え聴き応えがあり、その指揮姿は〝ミューズが宿る〟という言葉がぴったり。

バーンスタインの実演、聴いてみたかった、観たかったなあ。

思い出に残る実演といえば、地元、大阪フィルを大植英次が振ったマーラー第5番の演奏会。終始テンポが極端に遅い演奏だった。〝もう大植のマーラーは聴かない〟と怒った人がいたとか…。

とても重苦しい演奏だったが、こういう演奏をやってのける大植英次という指揮者もすごい。同じ曲でもいろんなマーラーが聴けるほうが良い。演奏会の楽しみとはそういうものだろう。

 

f:id:kuroyurihaze:20210517003328j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

#181 猿の前栽 @滝畑ダム

【うた詠み】

村は沈み溺れた谷に蓋のごと平らかな水ダムの高さに

 

↑5年前に滝畑ダムを想いながら詠んだうた。

f:id:kuroyurihaze:20210509160457j:imagef:id:kuroyurihaze:20210509161849j:image

・毎日が休日になったというのに、4月初めのギックリ腰は思いのほか難儀して山歩きは自粛していた。今日は久々に腰慣らしのプチ登山。滝畑ダムの東側、権現山の尾根上、展望の良い〝猿の前栽〟へ。岩と松の木からなる尾根の景観を庭園になぞらえたのか、昔、権現山は山城もあったらしい。

いつもは、滝畑ダムの駐車場にクルマを停めてダムの上を歩いて渡り東側の尾根に取り付く。

しかし、緊急事態宣言下で滝畑周辺の駐車場は全て閉鎖され、ダム湖の遊歩道さえ立入禁止になっていた。

やむをえず、権現尾根の反対側(東側)の横谷の林道に廻り駐車スペースを見つけた。すでに何台か駐車している。登山口を見つけて登り始め汗もかかないうちに尾根に到達。尾根を少し北に辿れば〝猿の前栽〟だ。晴天、風はかなり強い。

緑の山々に囲まれた滝畑ダムダム湖は〝平らか〟で美しい。湖の底に沈んだ滝畑の集落を想いながらおにぎりを食べた。

ダム湖とは反対側、横谷をはさんだ向こう側の山には大きな岩の断崖が見える。双眼鏡で眺めると何人かがザイルを使ってクライミングをしている。駐車していた車は岩登りのグループということか。

f:id:kuroyurihaze:20210509164715j:image
f:id:kuroyurihaze:20210509164712j:image

このような岩盤地質がダムの立地に関係したのだろうとブラタモリ的に〝❗️〟である。

 

【うた詠み】再掲

村は沈み溺れた谷に蓋のごと平らかな水ダムの高さに

この短歌には後日談がある。

ある日、NHKの制作スタッフから家に電話がかかってきた。〝平成万葉集〟という番組を制作しているという。この短歌は新聞歌壇に掲載されたのでスタッフの目にとまったようだ。「このダムは何処にありますか。」「このダムにはどんな思い出がありますか。」など、かなり詳しく取材を受けた。

番組にこの短歌が取り上げられることはなかったが、NHKの番組制作のリサーチの一端が伺えた。

 

ちなみに、滝畑ダムの竣工は1981年(昭和56年)である。

 

f:id:kuroyurihaze:20210509183456j:image

 

 

 

#180 THE SENSE OF WONDER

レイチェル・カーソンセンス・オブ・ワンダー』を図書館で借りて読んだ。

 

ひとの持つ、視覚、聴覚、臭覚、触覚などの感覚を使って、自然から何かを感じとる経験とは。

 

明神平でのある朝の経験を思い出す。

 

ブナやカエデの原生林で焚き火を囲んだ春の夜、皆はテントへ、僕はそのまま焚き火の横でシュラフに入って寝た。

森の夜は静かで生き物の気配は全くなく、まるで宇宙空間で眠るよう。さすがに少し寒く、うつらうつらと時を過ごした。

夜明け前、まだ薄明さえ感じない森の中。仰向けに寝ていた僕の斜め頭上の一点で小鳥のさえずりが始まった。

次の瞬間、その一点から同心円状にさざ波がひろがるように次々と小鳥のさえずりが始まった。さえずりの波は小さな谷や峰を越えた場所からも次々に始まり、波同士が干渉し合うさままで見えるようだった。その間、わずか数秒。つい先ほどまで沈黙していた森は、何百羽という小鳥の鳴き声で満たされている。

そして、薄明が訪れた。

 

この朝の経験は、レイチェル・カーソンの言うように人生の中の幸福な経験というべきだろう。

 

それにしても、

僕の頭上で鳴き始めた小鳥はたまたま一番に目覚めたのか。それとも、何百羽という森じゅうの小鳥はすでに目覚めていて、最初の合図を誰かがするのを息をひそめて待ち構えていたのか。

きっと後者だろう。

後者だと思いたい。

 

f:id:kuroyurihaze:20210419165752j:image

 

 

#179 ぼくらが非情の大河をくだる時

劇作家 清水邦夫氏が亡くなられた。

 

ぼくは高校で山岳部に所属していた。ほとんどが同学年のこじんまりしたクラブだった。そんな中、秋の文化祭に山岳部も参加しようとT君が提案してきた。清水邦夫の戯曲「ぼくらが非情の大河をくだる時」を上演しようという。

 

運動部が文化祭に参加とは面白い、文武両道だ。顧問の先生も賛同してくれた。山岳部はにわか演劇部となり準備・練習が始まった。

 

清水邦夫の戯曲は当時の前衛劇。たしか公園の公衆トイレの場面設定で、本番はパンツ一丁で演じるというかなり過激な内容だった。山岳部で教室をひとつ借りて上演した。まるでアングラ劇である。

 

戯曲の内容はさっぱり思い出せないのだが、しっかり覚えていることがある。

 

戯曲の内容について、顧問の物理の先生も交えて議論した思い出。場所は河内長野の滝畑の河原。南葛城山沢登りだったか、前日に自治会バスで滝畑に入り、光滝寺付近の河原にテントをはった。当時、まだ滝畑ダムは存在しない。

 

夕食を終え、河原で焚き火を囲んで深夜まで議論した。山岳部のテント泊で焚き火をしたのはこの時だけなので印象が強い。

議論の内容は忘れてしまったが、T君を中心に顧問の先生(まだ二十代だった)も結構熱く語っていた思い出がある。

 

文化祭本番、教室に公衆トイレのセットを組みパンツ一丁で臨んだ〝ぼくらが非情の大河をくだる時〟。観客はどんな感想をもったのか、写真は一枚もなく、今となっては幻のような熱く燃えた山岳部の思い出。

          

            4月17日(土)

 

f:id:kuroyurihaze:20210417115626j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#178 鱗雲

【うた詠み】

 

滑りだす選手を映すジャンプ台ドイツの空に鱗雲あり

 

 

※BSでスキー・ジャンプのTV中継があった。

ワールドカップかな。深夜の放送だったような気がする。ソファーに横になって、なんとなく

画面を眺めていた。

 


テレビカメラが、下から見上げる形でスタート台の選手を映し出す。その時に背後に空が映るのだ。

 

ウロコ雲⁈

 

ウロコ雲は秋でしょう、日本では。

雪山にウロコ雲とは。

 


…が、

 


冬の青空にウロコ雲。

ドイツの空に〝鱗雲〟。

 

 

心はひろびろ秋晴れの空になる。